歴戦の師匠でも号泣する

蒸し暑い木曜の夜明けは座ったままで歴戦の師匠でも号泣する

テレビのアンケートで、「カレーライス」のことを聞かれたら、あなたはどんなことを言う?「パエリア」って、人によって考え方が違うなのかもしれない。

ぽかぽかした火曜の早朝は料理を

都内でも江戸の頃から華やいでいる下町が、台東区にある浅草。
中でもよく知られているお寺が浅草寺。
そこそこここ最近、浅草寺詣でに行ってきた。
久々に向かう台東区浅草。
再び、自分自身の目でちゃんと確認して理解したのが、日本人以外のツアー客たくさんいるという事実。
色々な国からツーリストが集まる浅草、少し以前よりどう見ても増えている。
そもそも、世界一の総合電波塔、東京スカイツリー完成の影響もあると思う。
アジア方面からは、新東京国際空港のハブ化によって便が良いという事から、プラス、ヨーロッパ方面や欧米諸国からは、着物や和装小物に魅せられてやってくるお客様が多数かもしれない。
されおきこれからの未来も多くの外国人観光客が、来るということを予想した。
この国の良さをみつけぜひ楽しんで心に残る記念にして欲しい。
一方の私は、仲見世通りを思いっきり観光することができた。
お土産として有名な人形焼と雷おこしなどをたくさん買って、足袋や木刀も観賞させてもらった。
宝蔵門を通過すると、威厳のある本堂が見えてきた。
こちらの瓦屋根は、さびにくい性質を持つチタンを使用して、改修工事を行ったという。
秘仏である観音様に日頃の感謝と旅の無事を祈りしっかり願ってきた。
今年の成果が、必ず成就するように。

笑顔で泳ぐ姉ちゃんと霧
宿泊に行きたくて思い焦がれていた地域、それは真鶴岬だ。
この地を知ったのは「真鶴」という川上弘美の文庫本。
読んだものの、自分の未熟な感覚では、いまだに深い理解はできていないと思う。
でも、小説の中の真鶴地方の様子が大好きで、行ったことのない真鶴に行きたいと思っていた。
静岡県熱海市と、神奈川県小田原市の境目にあるここ。
半島の先が真鶴岬。
岬の先、海面から頭を出しているのは、三ツ岩という石が3つ。
一番大きな石の上には鳥居としめ縄があって海水が引くと歩いて向かえる。
思いかなって、現実の光景を見に行くことができた。
私のデジタル一眼の中身は真鶴の景色がいっぱい。
ホテルのお姉さんに、真鶴が好きだと話すと喜んでくれた。

ひんやりした土曜の午前は想い出に浸る

会社に属していたころ、仕事を辞職する機会がなかった。
そこまで辞職したかったわけではないから。
働く気持ちがないのかもしれない。
面倒になって、その日、熱意を込めて今月で辞職すると口にした。
こんな日に何故か、普段少しばかり気難しいと思っていたKさんが、声をかけてきてくれた。
話しているうちに、この事態を知る余地もないKさんが「この会社、大変だけど、だけど君はしばらくやっていけるよ。」といった。
なぜだか泣き顔になった。
このことから、その日の帰りに、会社に退職を撤回してもらった。

泣きながら話す先生と月夜
使う予定があり不可欠なモウソウダケを規則的に拝領するようになって、恩に着るのだが、しかし、混雑している竹が面倒でガンガン持っていってほしがっている山の持ち主は、私が仕事で使いたい量以上に大きい竹を取って運び帰らせようとしてくるので仕事が増える。
今必要な量より運んで戻っても余っておいてても色が落ち捨てることになるのだが、処分に困る竹が邪魔でしょうがないらしく、運んで行ってくれと強く求められる。
こちら側も必要なものをもらっているので、強く言われたらしょうがないので、あまりは処分するしかない。

暑い火曜の夕暮れは食事を

娘の4歳の誕生日が近くて、誕生日プレゼントをどんなものにしようかを悩んでいる。
妻と話し合って、体で遊ぶアスレチック系かためになるおもちゃか洋服や靴などにするかを決定しようとしている。
迷ってなかなか決まらないので、実物を見に行って選ぶことにしたけど、がつんとくるものがなかった。
だけど、子供に近くにいかせてみたら、すぐに決まった。
秘密基地というおもちゃに夢中だったから、これに決めた。
ただ、今のマンションが窮屈なので、一番小さなコンパクトなものに決定した。
値段もわりとリーズナブルだったので、よかった。

笑顔で話す友人と観光地
錦糸町の夜のお姉さんを見ていると、すごいなーと思う。
それは、完璧なルックス、会話、そのための努力。
客に全て勘違いをさせないで、ビジネスだと思わせつつ、常連になってもらう。
たまには、もしかするとコイツ、俺に本気かもしれないなど気にしてもらう。
このバランスのとり方が、どの仕事よりも難しそうだ。
それよりも、私はナンバー入りのホステスの月給が凄く気になる。

風の強い火曜の明け方は歩いてみる

近所のスーパーマーケットで買い出しをしていた。
冷凍食品cornerドリアを選んでいた。
いろいろ探していたら、韓国語で書かれた冷凍食品を探し出した。
良く見て確認すると、韓国のおもち、トッポギだった。
昨年、韓国へ行ったときに、何回も韓国を渡航している親友にごり押しされたトッポギ。
海を越えた日本で冷凍食品になって、あのトッポギが購入できるなんて、心外だった。

汗をたらして話す父さんと月夜
旅行でも仕事としてでも、韓国に行く機会が多い。
縁があるのは、日本からすぐのプサン。
観光ももちろんだが、女性は韓国コスメやファッションなど興味がある方も多いのではないだろうか。
韓国の人見かけへのこだわり、つまり外見を磨くことに関しての熱は素晴らしいといわれる。
就職や、パートナー探しの際に、日本に比べて露骨に判断される傾向が多々ある。
お国柄か、韓国で発売されるコスメは、肌に良い成分が日本の物より多く含まれているらしい。
なので、合う合わないは出てくるものの、使用後は期待できるのではないだろうか。

のめり込んで自転車をこぐ友人と電子レンジ

鹿児島の老齢の女の人は、その日その日、献花をお墓になさっているから、そのために、お花がたんまり必要で、生花農家もわんさかいる。
深夜、車で爆走していると、菊の為のの灯火がしょっちゅう深夜、車で爆走していると、菊の為のの灯火がしょっちゅう目に触れる。
家の照明はめちゃめちゃ少ない農村でありながら、電照菊照明はいつも視野にはいってくる。
菊の為の照明はちょいちょい視認できても人通りはものすごくわずかで街灯の明かりもめちゃめちゃほんの少しで、物騒なので、学生など、JRの駅まで送り迎えしてもらっている学生ばかりだ。

前のめりで熱弁する兄弟と霧
子とのコミュニケーションをとればとるほど、わが子はとてもなじんでくれる。
一歳までは、仕事がめちゃめちゃ忙しく、見ることがあまりなかったため、珍しくふれあっても泣かれていた。
親なんだけどとつらい胸中だったが、会社の業務が忙しいからと観念せずに、足しげく、休みの日にお散歩に連れ歩くようにした、抱っこしても、お風呂に入れても笑ってくれるようになった。
最近、出勤で車に行く時、自分が居なくなることが寂しくて涙を流してくれるのがほほがゆるむ。


先頭へ
Copyright (C) 2015 歴戦の師匠でも号泣する All Rights Reserved.