歴戦の師匠でも号泣する

風の無い火曜の夕暮れに料理を歴戦の師匠でも号泣する

皆さん、「ドクター」のことを考えてみよう。さほど難しく考える疑問は無いと思うんだよ、「カレ」については。

熱中して自転車をこぐあの子と枯れた森

今日は少年は、小学校の給食係だった。
帽子とマスクをつけて、白衣を着て、他の給食当番たちと、給食を給食室へ取りに行った。
今日の主食は、ご飯ではなくパン。
バケツのように大きなフタつきの鍋に入ったスープなんかも。
少年は、最も重い瓶入り牛乳は、男が持つべきだろう、と思っていた。
クラス全員分38本はかなり重い。
だから自分が、バットに入った38本の牛乳を持ったけれど、同じ給食係のフーコちゃんが一緒に持って運んでくれた。
重たい牛乳を女の子には持たせたくなかったけど、同じクラスでも一番かわいいと思うフーコちゃんと一緒に教室まで歩ける、と思った少年は、少しドギマギしながら、何も言わずに2人で牛乳を運ぶ事にした。

蒸し暑い火曜の明け方はお菓子作り
友人の自宅のベランダにて育てられているミニトマトは、可哀想なミニトマトなのかもしれない。
枯れる直前まで水をあげなかったり、興味でリンゴジュースをあげてみたり、野菜ジュースをあげたり。
酔っぱらった私と彼女に、焼酎を与えられた時もあり。
育ての親である友人は、機会があればぜひトマトジュースを飲ませたいという。
私たちの中でトマトの心は完全に関係ない。

喜んで熱弁するあの子と霧

恐ろしいと感じるものはたくさんあるけれど、大海原が怖くて仕方ない。
しかも、グアムやオーストラリアなどのクリアな海ではない。
どちらかと言うと、日本海などの暗い海だ。
つい、どこを見ても海、という状況を想像して怖くなってしまう。
気分だけ経験したかったら、オープンウォーターというシネマがベスト。
ダイビングで海上に置いてけぼりの夫婦の、トークのみで繰り広げられる。
とりあえず、私にとって怖いストーリーだ。
実際にあり得る事なので、恐怖はたっぷり伝わると思う。

凍えそうな週末の午後は座ったままで
さやかちゃんは見た感じだけではおだやかそうに見えるけれど、アクティブな女性。
夫と、2歳の賢治の、3人暮らしで、フレンチレストランの向かいのアパートに住んでいる。
一般事務の仕事も子育ても完璧に行い、多忙だけど、時間の使い方は上手。
少しでも時間があれば、今日うちに来てくれる?と絶対連絡をくれる。
私は喜んでお菓子を購入し、さやかちゃんのうちに向かう。

蒸し暑い祝日の深夜は食事を

MCで有名な人が引退発表したことによって、報道でしきりに報道しているが、たいそうすごいです。
今度の代表がどのような人になるかという話よりニュースでも番が速かった。
どの人が首相になろうが変わらないって思う人もとても多いですし、それより、ゴールデンでよくみる司会者が芸能界を引退というのが何かしら影響がでそうなんですかね。

喜んで跳ねる君とよく冷えたビール
正社員で就いていた時の先輩は、社長令嬢で、まさにセレブだった。
痩せてて愛嬌があってテンションが高い、動物を愛する先輩。
動物愛護グループなど立ち上げて、しっかり活動をしている様子。
毛皮反対、お肉食べない、動物実験取りやめ賛成。
一回、部屋に訪問したことがあった。
高級住宅地にあるマンションの最上階で、国会議事堂が見えていた。
先輩は、可愛くて上品なシャムネコと同居していた。

具合悪そうに踊るあの人とアスファルトの匂い

花火の季節だけれども、しかし、住んでいる場所が、行楽地で週末の夜、花火が上がっているので、すでに見慣れてしまって、新鮮さも感じなくなった。
毎週、打ち上げ花火をあげているので、ものいいも多数あるらしい。
私の、家でもドンという花火の音がやかましくて自分の子供が怖がって涙を流している。
シーズンに一、二回ならいいが、夏に、毎週、だらだらと大きな音が鳴り続けていては、うんざりする。
さっさと終わればいいのにと思う。

息絶え絶えで跳ねる弟と俺
だいたいは、なるべくシンプルなファッションが好きな私は、周りにビビられるけど。
靴下や化粧品やドレスまで揃っていて、全部使いたいと思えば節約生活になりそうだ。
でも、ジルは夢中になってしまう何かがある。

前のめりで話す子供とアスファルトの匂い

3年前、体の状態があまり良くない上に、偏食と、睡眠の内容が変だったので、口内炎が多発した。
嫌だなあと考えて、生活習慣を整え、肌ケアに役立つ事をしようと情報収集をした。
根強く推進されたのが、アセロラドリンクだ。
現在でも結構飲むことにしている。
レモンよりもビタミンCがたくさん入っているらしい。
ヘルシーと美しさは結局ビタミンから出来上がるのかもしれない。

雲が多い大安の夜は熱燗を
サプライズで親友から貰ったこの香水、落ち着いた香り。
私に似合う瓶で、頭に置いて選んでくれたもので、小さいボトルでリボンがついていて可愛い。
雰囲気もボトルも大きくいっても華やかではない商品だ。
香水ショップにはたくさんの商品が置かれていたが、目立たない場所に置いてあった商品。
形は小さい。
シンプルで重宝している。
外出するときだけでなく、働く時も手提げの中に、家で仕事をするときはそばに必ず置いている。
それで、バッグは、どれもこの香り。
いつでもつけているため、つけていないときは、「今日あの香りしないね」と言われる場合もたまに。
香水ストアで色々な香りをつけてみるのは好きだが、この匂いは今までで最も気に入っている香りだ。


先頭へ
Copyright (C) 2015 歴戦の師匠でも号泣する All Rights Reserved.